出産祝いのあれこれな商品

例えば、初めて出産した時にお祝いとして頂きたい物は何でしょうか。出産した側のお母さんからの意見としては、子供の服、子供のおもちゃなど子供の小物系のものが欲しいと思う方がいるかと思います。実際に出産祝いでいただく物も一番多い物のお祝金を除いて、物としては、赤ちゃんの衣装、ガラガラなどのおもちゃが多いかと思います。さて、この事を覚えたままで、2人目の赤ちゃんが生まれたとします。出産祝いに何が欲しいと言うと、服やおもちゃなどの意見がまったく無くなって、紙オムツや粉ミルクなどの消耗品が一番になります。これは、一人目の子供を育てている時に実感しているので、どうしてもお金のかかる、このような消耗品が必要になり、お祝いで貰える事が嬉しく思います。初めて自分の周りで出産した子がいたら、このような消耗品をいっぱい差し上げる方が嬉しいかもしてません。

但し、かさばる商品になるので、本人に聞きながらの購入が良いかと思います。またその消耗品などは、その生まれてきた子供に合う合わない、要る要らないなどがあるので、いきなり種類関係無しに購入してしまうとかえって迷惑になる場合があるので、一度聞いてからにしましょう。さて、今度は貰った側の内祝となるのですが、現金で出産祝いを貰ったとして一般に言う半返しと言う言葉があります。絶対に半返しにしないといけない分けではありません。その貰ったお礼なので、別に1万円貰ったから2千円の物でも構いません。自由です。中には、お返しをしないで、子供も写真をつけてのお礼状で終わる方も居ます。それは、その貰った方に合わせてお返しをすると良いかと思います。何を返せば良いのでしょうか。役に立つ物をお返しをすれば良いと思います。先に申したように出産2人として欲しい物で消耗品が出てきます。内祝も同じように消耗品が良いかと思います。例えば、洗剤セット、サラダ油のセット、ビールやジュースなども良いかと思います。結果どちらにしても消耗品が一番望ましいと思われます。また大人数から貰ったとなった場合へのお返しするのが大変な場合に、ここ最近の傾向としては、出産祝いをお断りする方も居ます。

お返しが大変。この不景気の世の中に申し訳無いと言う思いから、お祝いを貰う方が最近の傾向の中にいます。それでもと言う方は、落ち着いた時にでもお食事などを招待するなどをしている方がいます。時代と共に出産祝い自体も変わってきております。

Blog Home