たくさんあっても困らないバスタオル

バスタオルは、お風呂上りに体を拭くのに一人一枚あれば良いですが、たくさんあっても困りません。むしろ、小さなお子さんがいる家庭などでは、重宝します。お風呂上がり以外にどのような時に使えるかを見ていきましょう。まず、外出時に急な雨に打たれたり、お子さんが公園で水遊びをしていてずぶぬれになってしまった時などのために、玄関に数枚常備しておくと安心です。玄関先で体を拭けて、家を汚さずに済みます。また、トイレトレーニング中や、おねしょが気になる時などにも使えます。こちらは使い古したバスタオルを利用し、新しいものをお風呂上りに使うと良いでしょう。他にも、お子さんが感染症にかかるなど、嘔吐がひどい際、シーツが足りなくなってしまうこともあります。この時にも代用として使えます。安価なものを多めにおいておくと、処分することに抵抗が減り、すぐに捨てれば二次感染の予防にもなりますね。

さまざまなバスタオル

バスタオルのバリエーションは年々増えています。大きさ、厚さ、やわらかさなど、好みや目的に応じて使い分けると良いでしょう。夏場には、ひんやりクール素材のタオル地もでていてこちらが人気です。逆に冬場は、あたたかい素材、ふわふわしたものに温かみを感じるでしょう。また、フードつきのものや、ループ付きのものは、お子さんの習い事(プール)や、小さいお子さんをお一人で入浴させるママさん方が、ぱっと羽織る用途としても人気でしょう。そして、贈答用には、やはりブランドものや伝統物のバスタオルが定番で人気です。もらってうれしい、数があっても困らないプレゼントとしても、定番ですね。結婚祝いに二枚セットのもの、出産祝いにオーガニック素材のものなどを贈られる方もおおいのではないでしょうか。タオルの専門店もあり、見ているだけでも楽しいです。

もらってうれしい、あげて喜ばれるバスタオル

自分も出産をした際もらってうれしくて、友人が出産した際にあげて喜ばれたバスタオルがあります。それは、身長計付きバスタオルです。正方形のタオルの中心に、対角線上にメモリが書いてあり、赤ちゃんの体を拭きながら成長を感じることができるタオルです。もちろん、普通のタオルなので汎用性もあります。そして、赤ちゃん向けに作られているものなので、オーガニック素材の肌にやさしい生地でできているものが多く、柄もあたたかくかわいらしいです。しかし、出産祝いにプレゼントをするのであれば、はやめにプレゼントされることをおすすめします。赤ちゃんが寝返りをするようになってしまったら、仰向けを嫌がるのでうまく身長が測れません。せっかくの身長計付きなので、できればその良さも使ってほしいですよね。生後2か月頃までに贈られるとよいギフトです。